第21回 編集者が選ぶ 雑誌ジャーナリズム賞

インターネット投票のご案内

謹啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、第21回「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」に、多大なご協力を賜りまして誠にありがとうございます。先日までに皆様よりいただいた推薦作を、以下にまとめさせていただきました。つきましては投票へのご参加をよろしくお願いいたします。

 投票期間は2月16日(月曜日)から2月27日(金曜日)までとさせていただきます。前回同様インターネット投票を実施しています。
 一人でも多くの編集者の方々に投票していただきたいと思っておりますので、ご友人にも声をかけていただけるとたいへん助かります。その際には、どうかこのページと投票ページへのID、パスワードをご案内ください。昨年の参加者にはメールでお知らせしてあります。不明な点がございましたら、各社世話人の方々か事務局までお尋ねください。

 参加(投票)にあたっては、一人5000円をいただきます。この費用には、授賞パーティ(3月27日)の参加も含まれます。参加費は各社の世話人の方に現金でお渡し願います。それが難しい場合は、授賞パーティ参加時にお支払いください。それも不可能な場合には、下記の口座にお振込みください。

[三井住友銀行 飯田橋支店 普通口座 6514155 雑誌ジャーナリズム賞事務局]

 領収書もご用意しております。
 ご多忙のおり、恐縮ですが、何卒ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。 
 なお、授賞パーティーは以下の日時・会場で行います。

日時:3月27日(金)午後6時30分より
会場:日本出版クラブ会館(新宿区袋町6 電話03-3267-6111)

 雑誌ジャーナリズム賞は、「編集者が選び、編集者が贈る賞」です。ノンフィクション賞はいくつもありますが、受賞作はほとんど単行本に限られており、雑誌を主な舞台とする書き手にはなかなか光があたりません。そこで前途ある書き手を顕彰し、雑誌界全体の発展に寄与したいと生まれたのがこの賞です。
 その運営は、各社有志によって行なわれており、運営経費は、ご参加されるみなさまの参加費によって賄われています。出版社、新聞社の編集者であれば、どなたでもご参加いただけます。より多くの編集者にご参加していただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

謹白

下記ボタンを押して投票ページへお入りください。

投票する
第21回「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」事務局
【世話人】
朝日新聞出版(幹事社)小泉耕平、作田裕史
小学館山内健太郎、奥村慶太
新潮社若杉良作、許正志、荻原信也、羽田祥子
講談社臼杵明裕、黒沢陽太郎、岡田大雅、阪上大葉
光文社山崎喜宏
文藝春秋池内真由、瀬尾巧
<幹事>
朝日新聞出版『週刊朝日』編集部 小泉/『AERA』編集部 作田
電話03−5541−8545(週刊朝日編集部)
Koizumi-k2(at)asahi.com
2014pagetop_btn